美濃和紙を使った「岐阜シャツ」を開発

岐阜シャツプロジェクト

 岐阜シャツプロジェクトは、2018年度の新商品を開発。2016年から3年続いての新商品発表となりました。
 岐阜シャツプロジェクトとは、岐阜市の主要産業である繊維産業のブランド力向上をめざし、平成26年から岐阜商工会議所および市内繊維関連会社によりスタートした企画で、①地元特産の「美濃和紙」を素材に用いること。②吸湿性・速乾性のよい和紙の特性を活かしたクールビズ製品であること。③岐阜のヒーロー織田信長をイメージしたデザインであること。をコンセプトに商品開発をしています。
 2016年の第1弾は、美濃和紙100%の糸で紡いだ独特の手触りをもつ生地をつかった開襟シャツ風の『岐阜シャツ』。市場調査を兼ねて限定100着をクラウドファウンディングで先行予約販売し、みごと目標を達成しました。
 続く2017年の第2弾は、美濃和紙100%の糸を25%使用し、綿58%、ポリエステル17%とで織り上げたニット生地を用いた『岐阜ポロ』。紺と赤の細縞の身頃に白い縦襟が映えるカジュアル過ぎないデザインと、伸縮性・吸汗性にすぐれた着心地が話題を呼びました。
 そして最新の2018年版『岐阜シャツ』は、美濃和紙とポリエステルの混合糸で艶のある上質な生地を作り上げ、織田信長の陣羽織をイメージしたウィングカラーの襟で、ノーネクタイでも颯爽としたビジネスシーンを演出するワイシャツ風の逸品。
 いずれも美濃和紙の機能性と、織田信長テイストをデザインに効かせた、まさに岐阜ならではの「岐阜シャツ」であるところが特長です。(2018/7)

2018年 岐阜シャツ2018年 岐阜シャツ
2017年 岐阜ポロ2017年 岐阜ポロ
2016年 岐阜シャツ2016年 岐阜シャツ
  1. この記事を
  2. シェアする
  3. ツイートする
  4. LINEで送る
jaen