和紙のこれから

2014年11月に「石州半紙(島根県)」「美濃和紙(岐阜県)」「小川和紙(埼玉県)」が、ユネスコ無形文化遺産に登録されるといったうれしいニュースがありました。
今後は伝統の技術・品質を守りつつ、新たなデザイン・用途を開拓して、和紙のすばらしさや汎用性を広く発信していくことが期待されます。
いくつかの取り組みを紹介します。

和紙のこれから

2014年11月に「石州半紙(島根県)」「美濃和紙(岐阜県)」「小川和紙(埼玉県)」が、ユネスコ無形文化遺産に登録されるといったうれしいニュースがありました。
今後は伝統の技術・品質を守りつつ、新たなデザイン・用途を開拓して、和紙のすばらしさや汎用性を広く発信していくことが期待されます。
いくつかの取り組みを紹介します。

美濃和紙を使った「岐阜シャツ」を開発

岐阜シャツプロジェクト

「The CITIZEN」に土佐和紙の文字板を採用

シチズン時計株式会社

和紙は靴を変えられる

ORIGAMIX

透けて見える和紙を新開発

愛媛大学社会共創学部

吹き付け和紙プロジェクト (京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab)

ツタイミカ

jaen